これは使える!OSX用画像圧縮ツール「ImageOptim」

  • 2014.01.15
  • MAC
これは使える!OSX用画像圧縮ツール「ImageOptim」

ImageOptim_tittle

先日投稿させて頂いた記事、

wordpressを使い始めて一年以上が過ぎ、最近ブログの読み込み速度の低下が気になり始めました。借りたサーバーが重いのが原因なのか、適当な処理でアップしていたブログ用の写真データが原因なのか…このままだと読み込みが遅くて待ち時間にイライラしてしまうブログ...

の中でも紹介させて頂いた、OSX用画像圧縮ツール「ImageOptim」ですが、導入に関して詳しく説明を加えたいと思います。このツールでかなり画像圧縮が出来てブログの読み込みスピードアップにかなり貢献したので是非使ってみてください。

この「ImageOptim」ですが、開発者さんの意向でAppleStoreにはありません。あったら確実に上位にきそうなツールです。

Advertisement

「ImageOptim」は何を削除してデータの軽量化をしているのか?

OSX用の無料アプリでPNG、JPEG、GIFなどに対応していて画質をかえずドラック&ドロップのみで簡単に画像を軽量化する優れたアプリで、ImageOptimは画像のメタデータを削除してくれます。

メタデータとは?

メタデータとは、カメラの情報(EXIFデータ)、画像の撮影日、コメント、カラープロファイルなどのことで、画像そのものには直接影響がないデータ。

画像によってはそのデータがかなりの容量を取っていることもあます。ImageOptimでそれらを削除することによって軽くなります。

ダウンロード

開発者さんのホームページからダウンロードします。まずはこちらのリンク先へ。

ImageOptim_02

トップの画面右下の緑のdownloadボタンを押せばダウンロードが始まります。

Advertisement

使用方法

使用方法はものすごく簡単です。ダウンロードしたツールを起動するとこの様な画面が出てきます。

ImageOptim_03

そこへ圧縮したいファイル(PNG、JPEG、GIFアニメーションのいずれか)をドラッグ&ドロップするだけ!

ImageOptim_04

これだけで自動で圧縮してくれ完了すると右側に圧縮率が表示されます。

ImageOptim_01

フォルダごとドラッグ&ドロップも可能。

ImageOptim_06

使用上の注意点

注意点としてはImageOptimにドロップしたデータは元のファイルを書き換えています。元のファイルは圧縮後、自動的にゴミ箱に入っているので必要な方はゴミ箱の中から取り出してください。これを知らなくてわざわざ名前を変えてバックアップしてました…。

Advertisement

※バージョン1.4.0まではPreferencesのからBackup original files before savingと云うチェックを外せる所があったのですが、バージョン1.4.2から変更になったようです。

最後に…

「塵も積もれば山となる」のように画像ファイルも1000枚2000枚と増えて行くとかなりの容量になります。無駄なデータは極力カットして快適に観覧出来るブログにして行きたいですね。

MACカテゴリの最新記事